若い起業家はレンタルオフィスを選ぶべき

私が起業を成功できたのはレンタルオフィスを使って費用を抑えたからです。起業家仲間とよく話をするのですが、レンタルオフィスを使っている起業家はたくさんいたので不安はなかったです。私はレンタルオフィスで知り合った人達といっしょに食事をするなどして交流を持っています。自分のビジネスとは違う職種の起業家と話すと刺激をもらえるのでレンタルオフィスを選んでよかったです。レンタルオフィスを選択しないで事務所にしていたら人脈を広げることはできなかったです。仕事が上手くいかなくて悩んでしまった人はレンタルオフィスのオプションを利用するといいです。レンタルオフィスには人手が足りなくて困っている起業家がスムーズに仕事をするために役立つ様々なオプションがあります。私が特にお気に入りのオプションは宅配を受け取ってくれるサービスです。私は仕事で使うアイテムを通販で取り寄せことが多いのですが、自分が不在のときでも届いた荷物を大切に預かってくれるオプションは非常に便利でした。

レンタルオフィスはやっぱり立地!

これまで2箇所の青山のおしゃれなレンタルオフィスを利用しましたが、やっぱり「ここが良かった!」と思う一番のポイントと言えば、レンタルオフィスは立地条件ですね。やはり、良い場所に建っているレンタルオフィスについて、「便利だなー」と感じますもん。

もちろん、レンタルオフィスを利用する人の職種によるところも大きいでしょう。私の場合は、公共交通機関を使って出歩く日も少なくはなかったものですから、やはりレンタルオフィスの立地条件は重要でした。

それに私が利用しているレンタルオフィスにて、打ち合わせにやってきてくれるクライアントさんのことを考えてみても、立地の良さは大事だと思いましたもん。やっぱり遠いとクライアントさんに申し訳ない気持ちが強くなりますし、それにあちら側も気軽にはやってきてくれないでしょうしね。

ただ、立地の良いレンタルオフィスとなりますと、その分レンタルオフィスの利用料金も上がるのですよね。その傾向は確かにあり、そこが痛いところでしょうか…。

レンタルオフィスの契約の必要書類は?

レンタルオフィスを利用する時は最初に契約しなければいけません。契約が完了すると入居可能になって事業を始める事が出来ます。しかしレンタルオフィスを契約する時の必要書類が分からない人も少なくないでしょう。そこで必要書類を確認していきましょう。

・本人確認書類

レンタルオフィスを契約する時はまず本人確認をする必要があります。それで本人確認書類をするために運転免許証が必要になります。また運転免許証を持っていない人は健康保険証やマイナンバーカードなど本人確認をする事が出来る書類を準備する必要があります。

・法人の実印と印鑑証明書

レンタルオフィスを契約する時に印鑑でサインをする事になります。印鑑にもいろいろな種類がありますが、レンタルオフィスを契約する時は重要なサインになるので法人の実印でなければいけません。また実印は印鑑登録をしてある印鑑なので印鑑証明書も必要になります。

・登記事項全部証明書

レンタルオフィスを契約する時は法人である事を確認するので登記事項全部証明書の提示を求めてきます。忘れてしまうと契約する事が出来ないので注意しましょう。

レンタルオフィスを利用することには

レンタルオフィスを利用するのはまだまだ小さな企業であり、それこそ一人で行っているというようなところでもあったりします。大きな企業業が使うようなやり方ではないということになります。少なからずメリットがあるのはコスト的に安く抑えることができるという点でしょう。何故かといいますとイニシャルコストというのはとても低く抑えることができるようになりますのでレンタルオフィスには確かにメリットがあるわけです。そこで考えるべきことはどの程度のセキュリティになっているのかということです。小さいところであろうともそれなりのセキュリティが欲しいのは企業としては当然のこととなります。しかしながら、レンタルオフィスはシェアオフィスよりはセキュリティが高いということが多いですがどうしてもこれは高いとは言いがたいレベルではあります。ですが、レンタルオフィスならば基本的には個室はあるでしょうから、心がけ次第でどうとでもなります。

資金繰りが楽になるレンタルオフィス

私はずっと事務所でデスクワークをしていたのでレンタルオフィスで仕事をする前は心配がありました。しかしレンタルオフィスは仕事がしやすくて特に問題なく働くことができる場所だと実感できました。起業が成功するかは仕事場の選び方次第だと思います。貯金があまり多くないのにコストが多く必要になる立派なレンタルオフィスを持つことは無謀だと思います。ビジネスを成功させるためにはどうすれば資金をなるべく使わないで仕事を継続できるかを考えることが大切です。レンタルオフィスで仕事を長く続けるためにかかるコストは低いので資金繰りが大変になる可能性は低いと思います。私はレンタルオフィスで数ヶ月働いてみて良さがよく分かったので起業をしたがっている友人にもレンタルオフィスを使うようにアドバイスをしました。事務所で働いていた時と比べても仕事の効率が落ちたわけではないのでこれからもレンタルオフィスでずっと働こうと考えています。